1月
30

「夢のみずうみ村」視察

IMG_3930 IMG_3923 IMG_3905 IMG_3899 IMG_3926 IMG_3896
[clear][/clear]

1月30日(金)、山口県山口市にある「夢のみずうみ村」山口デイサービスセンターを訪問しました。

「夢のみずうみ村」は、介護保険で要介護・要支援の認定を受けられた方が対象のデイサービスなのですが、メディアにも多数取り上げられるほどのユニークな介護施設です。以前には、代表の藤原茂氏がNHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」でも紹介されています。

特徴は「できることは極力自分でやっていただく」という方針の下、自己選択自己決定方式を取っていることです。

普通の介護施設では、「お世話をして差し上げなければ、その方は何もできないだろう」という思い込みがあるとのこと。しかしそれでは、せっかくのリハビリチャンスまで奪ってしまいかねないようです

「できる能力」を真綿で首をしめるように徐々に奪ってしまうという、恐ろしい行為とまで言い切っています

つまり「至れり尽くせりは、主体性を奪う」ということです。これが結構難しいようです。ついつい手を出してしまいそうな時でも、じっと見守ります

その甲斐あって、リハビリが進み、社会復帰される方も多くおられます

施設内は、できるだけ社会復帰してもらうための仕掛けが多数あるのです。

それが施設の玄関に「人生の現役養成道場」と掲げられている意味と感じられました。

実際に、視察させていただいて、幸福実現党の理念に近い活動をされていて、とても参考になりました。

人間の強さを信じる介護の方法は、人間を幸福に導くものとなると確信しました。本当にありがとうございまいた。

「江夏正敏の闘魂メルマガ」

時事問題や日本・世界の情勢を「やまとことば」でやさしく解説します。

また、江夏正敏の活動情報やコラムなどもお届けします。

配信頻度は月2回程度。

 

ご希望のメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。