6月
18

林業、漁業、農業は成長産業だ <長崎県松浦市福島>

本日は、長崎県松浦市にある福島で、挨拶回り、街宣、ミニ集会などの活動を行いました。
福島は佐賀県と長崎県の県境の伊万里湾に浮かんでいます。かつては秘境とまで言われていました。棚田が多く、農業、漁業の島です。
島民の皆様は、本当に気さくで、とても平和でした。
いろいろと仕事についてご苦労されているようでしたが、「これからの林業は発展するぞ。人手不足で大変だ。若者が来たら、いろんなことができるのになぁ」「ウチは米を神戸に直接、売っとるけん」と、威勢のいい方々がおられました。
幸福実現党は、後継者難の農業はイノベーションのチャンスであり、ここを上手に乗り越えられれば、成長すると考えています。林業は、戦後の植林によって植えられた木が、ちょうど伐採時期にきているので、地産地消の典型である材木は、国産材のチャンス到来ととらえています。四方を海で囲まれた日本は海洋国家であり、本来、漁業は得意のはずなので、漁業を輸出産業にする潜在能力は十分にあります
日本の底力を、第一次産業でも発揮していきましょう。

本日の活動の一端を紹介いたします。

IMG_0178

IMG_0174

IMG_0113

IMG_0121

IMG_0115

IMG_0122

IMG_0139

IMG_0124

IMG_0164

IMG_0126

IMG_0181

IMG_0141

IMG_0157

IMG_0183

「江夏正敏の闘魂メルマガ」

時事問題や日本・世界の情勢を「やまとことば」でやさしく解説します。

また、江夏正敏の活動情報やコラムなどもお届けします。

配信頻度は月2回程度。

 

ご希望のメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。