4月
20

地方選の研究、憲法部会、HS政経塾6期生研究課題

本日も朝鮮半島有事への対応を行いつつ、様々な課題に対処しました。
まず、HS政経塾の卒塾生を中心に、活動ミーティングを行いました。最近行われた地方選からの学びです。新上五島町で谷口るみ子候補が当選した事例に、多くの質問がありました。また、現役のHS政経塾生もオブザーバーで参加。将来を見据えて、活動の本質を学びました。
また、党政調会の憲法部会で、和田みな部会長と論点の洗い出しを行いました。まだまだ研究しなければいけない課題が山積みです。
さらに、HS政経塾6期生である野村昌央塾生の研究課題検討会を行いました。病院経営の自由化の可能性を探ります。同じく坂本麻貴塾生は地方振興策の成功具体事例の研究をはじめることになりました。いずれアウトプットする時期が来ますので、ご期待ください。

「江夏正敏の闘魂メルマガ」

時事問題や日本・世界の情勢を「やまとことば」でやさしく解説します。

また、江夏正敏の活動情報やコラムなどもお届けします。

配信頻度は月2回程度。

 

ご希望のメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。