7月
08

九州北部豪雨の爪痕、そして復興への協力

九州北部豪雨の爪痕は激しく、状況を視察。場所は大分県日田市。幸福実現党大分県本部の高田典義氏が5日から現地入りし、被災地復興へ向けて協力しています。土木と電気工事(九電工)が急ピッチで道を切り拓いていきながら、その後を消防、レスキューが続きます。
孤立している集落が一部存在。また、道を土砂がふさぎ、突然、巨大なダムができたため、下流域の住民の皆様が、決壊を恐れて避難しています。早く普通の生活に戻れるよう、協力してまいります。

「江夏正敏の闘魂メルマガ」

時事問題や日本・世界の情勢を「やまとことば」でやさしく解説します。

また、江夏正敏の活動情報やコラムなどもお届けします。

配信頻度は月2回程度。

 

ご希望のメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。