11月
17

【コラム】 伊勢えび

先日、知り合いのシェフから聞いた話です。

今、ホテルのレストランなどで「誤表示」「偽装」の騒ぎが起こっています。今後、どこまで波及していくのでしょうか。

それはそれとして、これからは「おせち料理」のシーズンです。すでに大手などは、「おせち」のパンフレットを作り、注文を受けているとのこと。

そこで、「伊勢えび」と書いているパンフレットがたくさんありますよね。この「本物の伊勢えび」の価格が高騰しているそうです

そうです。外国産のロブスターを「伊勢えび」と表示していたところが多くあるらしく、「誤表示」「偽装」問題が勃発して、あわてて「本物の伊勢えび」の調達に入ったということです

もう一つの方法は、パンフレットから「伊勢えび」表記をやめて、「ロブスター」と書くかですが、今さら表記を変更するのは恰好悪いですよね。(伊勢えびは広義のロブスターの一種のようですが)

この騒動の真相は、決していいことではないのですが、あまり罪の意識がなく、一つの慣習でやっていたようです。

シェフは「おせちの担当者の皆様は大変苦労しているだろうなぁ」とつぶやいていました。ちなみに知り合いのシェフのレストランは「誤表示」はありませんので、悪しからず。

「江夏正敏の闘魂メルマガ」

時事問題や日本・世界の情勢を「やまとことば」でやさしく解説します。

また、江夏正敏の活動情報やコラムなどもお届けします。

配信頻度は月2回程度。

 

ご希望のメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。