8月
17

靖国参拝批判は、文明国家否定の恥知らずな行為

中国や韓国などから靖国参拝に対する批判や干渉が続いています。

しかし、宗教に干渉しないというのは、内政干渉よりも厳格に守られるべきで、1648年のウェストファリア条約で定められています。

この鉄則は、文明の鉄則です。

これを破ったのは、ヒトラーのユダヤ人迫害や占領軍の神道指令などです。(アメリカのイラク戦争で、ブッシュ大統領でさえもイスラム教には口出しをしませんでした)

中国や韓国などの靖国参拝に対する干渉は、自ら「文明国ではない」と言っているような、恥知らずな行為と言えるでしょう。

安倍総理も、宗教に対する根本の哲学を学んで欲しいものです。でなければ、他国からの不当な干渉を、心の底から跳ね除けることはできないでしょう。

「江夏正敏の闘魂メルマガ」

時事問題や日本・世界の情勢を「やまとことば」でやさしく解説します。

また、江夏正敏の活動情報やコラムなどもお届けします。

配信頻度は月2回程度。

 

ご希望のメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。