11月
09

原発は必要② 「エネルギー自給率」

日本のエネルギー自給率をご存知でしょうか。

実は4パーセントしかありません。

もし、石油の大半の輸入先である中東が戦乱になり、石油の輸入がストップしたら、日本の産業が立ち行かなくなり、生活の基盤も崩壊します。

中東諸国の混乱だけでなく、シーレーン(海上輸送路)が中国によって遮断されても、同じように日本の経済がひっくり返ります

それは、日本の命運が外国の思惑に左右されてしまうということです。日本のことを日本人自身が決定することができなくなるのです

つまり、脱原発は日本の国家主権(自国のことは自国で決める)の危機をもたらすということです。

国民の皆様、脱原発を進めると、日本の根幹にかかわるエネルギー供給が不安定になります。その結果、日本の生殺与奪の権を外国に与えることになり、日本が特定の外国に隷属化してくことになります隷属した日本を私たちの子孫に残してよいのでしょうか

やはり、原発は必要です。

「江夏正敏の闘魂メルマガ」

時事問題や日本・世界の情勢を「やまとことば」でやさしく解説します。

また、江夏正敏の活動情報やコラムなどもお届けします。

配信頻度は月2回程度。

 

ご希望のメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。